荒野に咲く一輪の花 | 髪の毛の問題を解決する自毛植毛の評判|自髪

髪の毛の問題を解決する自毛植毛の評判|自髪

髪の毛の問題を解決する自毛植毛の評判|自髪

荒野に咲く一輪の花

AGAは病院で治療を行っています

AGAとは、男性ホルモン型の脱毛症であり思春期以降の進行性の脱毛症で、全ての薄毛と抜け毛を意味している訳ではありませんが、多くの男性の脱毛がこのタイプに当ります。AGAの治療は、基本的には病院の皮膚科で治療を受けることになりますが、中には内科などでも行っている場合もあります。また、どの病院の皮膚科でも治療が受けられるかと言えば、中にはAGAの治療を行っていない病院も有りますので、治療を受ける場合には事前に電話などで病院の方へ問い合わせることをおすすめいたします。AGAの治療に最初病院の受診を受けると、まず触診や問診があり、中には経過写真として頭部の撮影を行う病院もあります。費用に関しては、初診は15,000円程度で月に1回程度の通院で1回10,000円前後が相場です。

フィナステリドは大手製薬会社が製造する薬です

AGA治療がこれだけ普及している理由にはいくつかあるでしょうが、まず第一に大きいのが、実際に効果を実感している方や少なくとも抜け毛が止まったり少なくなったと思っている方がかなりの割合でいらっしゃるからです。ほとんどのAGA治療の病院では、フィナステリドと言われる経口育毛薬を処方されるはずですが、このフィナステリドは米食品医薬局が1998年に認可した薬で、日本では2005年に万有製薬が発売された、男性型脱毛症の原因物質である5α-還元酵素を阻害してくれる画期的な薬なのです。この薬も脱毛を抑止して次第に以前の毛根に戻して行く薬なので髪の毛の発育サイクルと関係して最低でも半年から1年は必要ですが、ほとんどの方で効果が現れます。さらに、AGAの治療が病院で実施されていることが、皆さんを安心させているのも確かであります。